室内

網戸を綺麗に張替えよう【虫を無視できる快適設備】

働く網戸づくり

女性

日本の建物の良き部分であるふすま・網戸は、古くなったものや傷汚れの気になるようになったものは、専門のサービス業者に相談することで張替えを行ってもらうこともできます。網戸は建物の玄関や窓などに取り付けておくことで、扉や窓を空けて風通しを良くした状態であっても、建物の内部が外から見えにくいよう働いてくれています。また設備は夏場になると元気になる屋外の虫が建物の中に入り込むのも防いでくれるので、蚊やハチといった刺す虫の脅威から我々の身の安全を守ってくれます。このように網戸はさまざまな形で人々の生活のために活躍してくれているわけですが、それももちろん状態の良いものが使われている場合に限ります。たとえばこの設備の網の部分が破れて穴が空いてしまったとすると、外から建物の中が丸見えになる上に、蚊でもハチでもどんな虫でも侵入してきてしまいます。逆に網目に埃や汚れが溜まってしまったりしても、せっかく開けた扉や窓の甲斐もなく風通しが悪い状態となってしまうばかりか、網目についた埃が室内に飛び散ってしまうかもしれません。こういったことが起こってはせっかくの日本の良い設備も上手く活用していくことができないので、やはり網戸も適度なタイミングで掃除や張替えを行っていくことができると良いと思います。

自分でふすまや網戸のそうじをするときには汚れても良いタオルで掃除するようにしましょう。なぜなら、これらの場所は頻繁に掃除をすることが無いので、使用したタオルがすぐに汚れてしまうからです。

ふすまや網戸を綺麗に

インテリア

日本らしさをアピール出来るふすまや網戸は、綺麗にしておかないと相手に悪印象を与えてしまいます。そのため、専門業者に依頼してしっかりと張り替えしてもらいましょう。

詳細を確認する

魅せるふすまづくり

男性

ふすまの張替えをするときにはデザイン面に気をつけるようにしましょう。ふすまには色々なデザインがあり、住宅の印象を大きく変えてしまうので、自分の求めるものを見つけ出しましょう。

詳細を確認する

夏の準備!簡単に出来る修復

インテリア

4月5月は夏の準備期間です。破れている網戸もこの期間に修復しておきましょう。網戸の張替え作業は素人でも簡単にすることができます。網戸の張替えの流れを紹介します。夏が来る前にやっておきましょう。

詳細を確認する