室内

網戸を綺麗に張替えよう【虫を無視できる快適設備】

夏の準備!簡単に出来る修復

インテリア

4月から5月にかけては、夏に向けて準備する期間でもあります。日本の夏はとても暑いのでクーラーを部屋に設置したり、扇風機を出したりして、暑くなっても良いように準備しておきましょう。夏に向けての準備はクーラーや扇風機だけではありません。網戸の張替えも大事です。この時期に網戸の張替えを行なう訳は、蚊対策です。夏場は蚊だけでなく、虫が非常に多くなる時期です。特に、蚊は刺されると非常にかゆいですし、耳元でプーンと飛び回っているだけ不快感が増します。蚊や虫を室内に侵入させないためにも、破れている網戸を張替える必要があるのです。

破れた網戸を低予算で張替えたい人は自分で張替えることをオススメします。網戸の張替えは素人でも出来る作業です。最初に、破れている網戸をアルミサッシから全て取ってください。その後、アルミサッシの枠に付いているゴムを取ります。ゴムは劣化が激しく1年経つと交換する時期になります。ゴムをアルミサッシから全てキレイ取り除くことができたら、網戸の張替え作業にはいります。網戸の張替え作業は少しコツが要ります。集中して作業してください。張替え用の新しい網戸を網戸の枠全体を覆う様にセットしましょう。この時、簡単に張替えるコツとしては、指三本分程枠からはみ出すようにセットしてください。そして網戸の淵を引っ張りながら弛まないように、網戸のコーナーからゴムをはめ込んでいきます。一つのコーナーが終わると、対極のコーナーを同じようにはめ込んでいきましょう。コーナー全部終わると縦と横もはめ込みます。余った網戸はカッターで綺麗にカットすれば網戸の張替え作業は終わりです。夏が到来する前に済ませておきましょう。